■ 向かいの駐車場との間に目隠しがしたい
■ 歩きやすいアプローチにしたい
■ 家庭菜園スペースがほしい!

隣接する土地を購入してお庭が広くなったのをきっかけに、造園工事をされたいお客様が、ご夫婦でお散歩されている際に、お宅のご近所で作業中だった当店のトラックと作業中の職人を見て、ご依頼くださいました。

施工前

施工前

レンガで囲ってある部分が新しく購入された土地です。玄関の南側にある月極の駐車場と玄関やリビングの間に目隠しを、そして歩きやすいアプローチをつくりたいというご希望でした。

こちらがご提案させていただいた図面です。

お向かいの駐車場の前に生垣で目隠しを。そして、お庭の一部にご主人様と奥様ご希望の家庭菜園スペースをつくります。
玄関前とリビング前まで御影石でアプローチを作成し、アプローチの始まり部分には、シンボルツリーとなるシラカシの大木を植えます。
大切なカキの木をはじめ、既存の木はなるべく使用した、緑いっぱいのお庭です。

施工中

施工中

施工中のお写真です。お宅の南側が貸し駐車場で、さらにその南側は人通りの多い通りになっています。そこからリビングが丸見えになってしまい、視線が気になるため、その間に目隠しを設置します。「ブロックや塀は閉鎖的になるので避けたい」というお話でしたので、「ボウガシ」という樫の木の生垣で目隠しをすることになりました。1メートル50センチ程度の木の杭を打ち、そこに竹を合わせて、生垣の柱にします。

右側のお写真は、他の場所に植えてあった木を丁寧に根巻きして、移植しているところです。

(※根巻き・・・根の部分の土が崩れてしまわないように保護すること。土が崩れると木が枯れてしまうため。)

施工後

施工後

写真の丸がついているのは、お客様が大切にされているカキの木です。カキの木は移植が難しいため、動かさず、玄関脇のお部屋の目隠しとして活用しました。

アプローチには淡いピンク色の桜御影の切石を、玄関前とリビング前にYの字に枝分かれするように、カキの木をぐるりと囲むように設置しました。生垣には予定通り、株立ちのボウガシを植えました。

(※株立ち・・・1本の茎の根元から複数の茎が分かれて立ち上がっているもの。大木になりにくく、なおかつ手入れがしやすい植栽向きの木。)

施工後

施工後

アプローチは、とても歩きやすくなりました。アプローチの始まり部分に植えた8メートル程ある株立ちのシラカシの大木は、生垣に使用しているボウガシと同じく、樫の木です。

施工後

施工後

シラカシの大木があることで、お庭全体が締まって見えます。さらに、玄関やリビングへの視線をカットしてくれる役割も担ってくれます。

施工後

施工後

お写真の丸がついている部分は、家庭菜園用のスペースになります。ご主人様や奥様が、「トマトやきゅうりやナスを作りたい!」とおっしゃっていました。このスペースで季節の野菜をお楽しみいただけます。

施工前

施工後

施工後

施工後

植木や花が大好きという奥様のために、植栽はポイントだけに抑え、後からお好きに草花を植えていただけるようにスペースをとっています。植栽の周りは、既存の玉石を使用した石組みでつくりました。こうすることで、石の処分代もいらず、コストカットにもつながります。

 

ビフォアーアフターです。丸見えになっていたお宅が、ボウガシの生垣で、閉鎖的にならずにうまく目隠しされました。桜御影のアプローチで歩きやすく、雨の日も安心です。

「作業している職人さんを見ていたのもあり、どんなお仕事をするのか分かってからお願いしたので安心でした」 「家庭菜園スペースができて嬉しい!これから季節の野菜を楽しみたい」 とお喜びいただきました。

神戸市、芦屋市、西宮市のお庭、雑草のお悩みはお任せください。
ご相談・お見積りは無料です。(※しつこい営業も致しません)