目隠し

目隠し

目隠し 施工事例

目次

お庭やお部屋の中が外から丸見えで、お隣さんや通行人の視線が気になる・・・という皆様のお悩みを解決するのが「目隠し」です。目隠しはウッドフェンス、アルミフェンス、生垣、御簾垣、植栽・・・など様々な方法があります。そのお宅に合わせた目隠しで、安心安全なお宅に変身した事例をご紹介しています。

兵庫県 西宮市の方へ 参考事例【180cmの背の高いアルミフェンスで目隠し ~ 施行例】

中古で住宅をご購入されたアメリカ人のご主人様、日本人の奥様、お子様2人の4人で暮らされているご家族様からの依頼です。

もともと和風なお庭だったものを、ご主人様がご自身で木を抜いたり、石を片付けたりと作業されていました。その中で「芝生を敷いて、ウッドデッキも作りたい!」と理想のお庭の風景が浮かんでいるものの、「どのようにお庭をつくっていったらよいだろうか」と、お悩みでした。

もともと生えていた木を、ご主人様が切ってしまわれたことで、目隠しが全く無くなってしまいました。そのため、お隣の玄関から、お庭やお部屋が丸見えの状態で、奥様がお困りになっていらっしゃいました。

ご主人様は、「ウッドデッキをつくるのでウッドフェンスを設置したい」とご希望。奥様は「視界をできるだけさえぎってくれるアルミフェンスにしたい」とのご希望。どちらにするかという話し合いを、何度も行なわれました。

神戸市、芦屋市、西宮市のお庭、雑草のお悩みはお任せください。
ご相談・お見積りは無料です。(※しつこい営業も致しません)

兵庫県 神戸市の方へ 参考事例【ウッドフェンスで目隠し】

30代の若いご夫婦、小さなお子様が1人の3人暮らしのお宅です。
お宅を新築された際に、「庭は自分達で作ろう!」と作業を始めたそうですが、作業ペースよりも雑草の生えるペースが早く、あっという間に腰の高さまで生えてしまったので、「どうにかしてほしい!」というご依頼をいただきました。

「ドクダミ」と「スギナ」という、どちらも地下茎がある雑草が多く蔓延っていて、地上の草を何度も何度も取って処理しても、地下茎のせいで、すぐにまた生えてきてしまいました。

地下茎のある雑草をきちんと処理するためには、40~50cm程度掘り返して、全部手で根をほぐしながら分別して捨てていく作業が必要です。すべての雑草をなくし、お子様の遊べるウッドデッキの設置を奥様がご希望でした。

 

目の前の2軒のお宅様とお庭が近く、玄関から出てきたお向かいさんと目が合ってしまうこともあり、「目隠しを作りたい」というご希望もいただきました。

神戸市、芦屋市、西宮市のお庭、雑草のお悩みはお任せください。
ご相談・お見積りは無料です。(※しつこい営業も致しません)

兵庫県 芦屋市の方へ 参考事例【見る角度によって隙間が変わるフェンス!】

家を譲り受け、「自宅はリフォームが終わり、和洋折衷な雰囲気になったけれど、庭だけすごく和風なので新しくしたい」というご希望でした。

コバ積みの門柱をはじめ、純和風な雰囲気の外構です。アプローチ(敷石)は大谷石です。大谷石は水を含むと、えぐれたり欠けてしまうやわらかい素材なので、本当は歩くところには使わないほうが良い石ですが、30~40年前はそのことがあまり知られておらず、綺麗であることと、加工しやすい(やわらかいため)ことからよく使用されていました。

 

マツやモミジ、ツバキ、ツツジ・・・など、ほぼ全て和風の木が植わっています。

門から入ってすぐ左に、こちらも和風な庭石が置いてあります。とても立派な門柱や門扉は、再利用しようということになりました。

神戸市、芦屋市、西宮市のお庭、雑草のお悩みはお任せください。
ご相談・お見積りは無料です。(※しつこい営業も致しません)

兵庫県 西宮市の方へ 参考事例【ウッドフェンスで目隠し】

少し高台のようになっている土地にお宅が建っている、50代のご夫妻様からのご依頼です。
頑張って草取りをしても、すぐに膝丈ほどの雑草が生えてきてしまうため、お困りでした。草取りをしなくてよい、メンテナンスフリーなお庭をご希望されていました。

抜いても抜いても生えてくる雑草に耐え兼ね、ご主人様が砂利を購入され、まいていらっしゃいましたが、その隙間から雑草が生えてきてお困りでした。「砂利をまけば雑草対策になると思ったんだけど・・・」と大変ガッカリされていましたが、当店にいただくご相談で、このような案件は特に多くあります。

敷地のいたるところに雑草が生え、「どうにかして草取り要らずのお庭にしてほしい」という強いご要望をいただきました。

花壇にも雑草がたくさん生えていました。また、お庭の中が道路から丸見えなので、視線も気になります。「外を歩く人と目が合うこともあるんです」と、奥様がとてもお悩みでした。

また、お宅は二世帯住宅になっていて、ご主人様のお母様も一緒にお住まいです。また、奥様のお母様も、よくお宅へ遊びに来られるのですが、奥様のお母様は車椅子でご移動されるのですが、幅の問題で玄関から車椅子で入ることが不可能でした。そこでいつもお庭から入り、掃出し窓からお部屋に入るようにしていたのですが、段差もあることから出入りするのに一苦労で、「もう少し出入りしやすくできないかしら」というご相談もいただきました。

神戸市、芦屋市、西宮市のお庭、雑草のお悩みはお任せください。
ご相談・お見積りは無料です。(※しつこい営業も致しません)

兵庫県 西宮市の方へ 参考事例【植栽で目隠し】

50代後半のお客様からのご依頼です。インターネットで当店の施工事例をご覧いただき、ご依頼いただきました。

道路から2メートルほど上にお宅があるのですが、お庭の道路側のほうに落葉樹であるムクゲが植わっており、下の道路に落ちる葉や花のお掃除が大変でお困りでした。葉が落ちる度に階段を昇り降りして掃除をするのも大変ですし、道路はバスも通りますので、掃除のタイミングも難しく、「木を切って欲しい」というご希望でした。

また、その手前にはウメの木が生えているのですが、とても背が高く、枝が電線と接触してしまっていました。強風で電線を切ってしまうのではないかと、とても心配されていました。

お庭へ入る通路を、サルスベリが塞いでしまっています。また、こまめに草取りをしても、どんどん雑草が生えてきてしまい、あまりの大変さに草取りをあきらめていらっしゃったため、雑草が伸びて地面は見えず、草原のようになっていました。

物干し竿が隠れてしまうほどの雑草です。お客様は「ここではお洗濯が干せないわ・・・」と、この物干し台の使用をあきらめていらっしゃいました。(洗濯物はすべて2階へ持って上がり、2階のベランダに干しているそうです)

お宅の北側や西側にある路地庭も雑草がいっぱいです。ご主人様がご自身で防草シートを購入され、雑草対策をされたそうですが、このように、下からどんどん雑草が生えてシートはめくれてしまい、雑草を止めることはできませんでした。

このような雑草対策をご自身でされている方も多いと思いますが、市販で売られている防草シートでは、なかなか防げないのが実状です。

神戸市、芦屋市、西宮市のお庭、雑草のお悩みはお任せください。
ご相談・お見積りは無料です。(※しつこい営業も致しません)

兵庫県 芦屋市の方へ 参考事例【ウッドフェンスと生垣で目隠し】

お宅を新築されたお客様からのご依頼です。インターネットで当店を知っていただき、外回りはすべて当店へご依頼いただきました。

カースペースは確保されていますが、バイクの置き場がなく、奥様がお車を出す際にバイクが邪魔になってしまうというお悩みをお持ちでした。そして、お部屋の前に目隠しを兼ねたウッドデッキの設置、そしてカースペース奥に花壇の設置をご希望でした。

 

こちらがカースペース部分です。まわりを白いネットフェンスが囲んでありますが、無機質な印象です。

神戸市、芦屋市、西宮市のお庭、雑草のお悩みはお任せください。
ご相談・お見積りは無料です。(※しつこい営業も致しません)

兵庫県 西宮市の方へ 参考事例【ウッドフェンスで目隠し】

ご年配の1人暮らしの女性の息子様からのご依頼です。こちらのお宅には、もともと「レッドロビン」という植物の生垣が目隠しをしてくれていたのですが、時間の経過とともに枯れてしまい、隙間ができてしまっていました。

しばらくの間、その隙間にお母様が竿を立てて対応していらっしゃいましたが、手前の駐車場はお隣のお宅の駐車場で、車の乗り降りをされる際に家の中が丸見えになってしまい、視線が気になるとお悩みでした。また同じように生垣で目隠し・・・という方法もありますが、植栽は生き物ですので、管理が大変です。そこで、メンテナンスフリーな目隠しとして、ウッドフェンスの設置をすることになりました。

 

左のお写真、手前にとまっているのはお隣のお宅の車です。右側のお写真はお客様のお宅からお隣の駐車場を見た様子になります。ウッドフェンスを設置したことで、お互いに視線が気にならなくなりました。また、ウッドフェンスはアルミや金属のフェンスと違い、どちら側から見ても裏表があまり無く、圧迫感もない、優しい仕上がりになります。この背の高さのアルミフェンスは思ったよりも高額になることもありますので、ウッドフェンスにしたことで、コストカットにもつながりました。

神戸市、芦屋市、西宮市のお庭、雑草のお悩みはお任せください。
ご相談・お見積りは無料です。(※しつこい営業も致しません)

兵庫県 神戸市の方へ 参考事例【植栽で目隠し】

50代のお客様からのご依頼です。庭全体に雑草が生えてしまってお悩みでした。

お庭全体にドクダミの匂いが充満してしまうほどの、はびこり具合でした。ドクダミは地上に出ている草をとっても意味がありません。地下茎のある雑草ですので、きちんと処理するためには、40~50cm程度土を掘り返し、全部手で根をほぐして分別し、捨てていく作業が必要になります。プロでも大変な作業ですので、なかなかお客様ご自身で処理するのは難しく、お困りの方がとても多いです。

もともとお宅にあるサルスベリの木は、門かぶりの木として使用することにしました。

(※門かぶりの木・・・その敷地内に入る前に必ずくぐりぬける様に配置されている木。そのお宅のシンボルツリーのこと)

道路から門扉を開けて入ってくると、右側に塀があります。これは、塀の向こう側が浴室であることから、それを隠すために設置されている塀です。塀のせいでとても閉鎖的なお庭になってしまっているだけでなく、デッドスペースがもったいないので、有効活用されたいとお考えでした。そしてその塀にある2番目の門を開けると、先ほどのドクダミが生い茂っている場所へとつながります。

神戸市、芦屋市、西宮市のお庭、雑草のお悩みはお任せください。
ご相談・お見積りは無料です。(※しつこい営業も致しません)

兵庫県 神戸市の方へ 参考事例【ボウガシの生垣で目隠し】

隣接する土地を購入してお庭が広くなったのをきっかけに、造園工事をされたいお客様が、ご夫婦でお散歩されている際に、お宅のご近所で作業中だった当店のトラックと作業中の職人を見て、ご依頼くださいました。

施工前

施工前

レンガで囲ってある部分が新しく購入された土地です。玄関の南側にある月極の駐車場と玄関やリビングの間に目隠しを、そして歩きやすいアプローチをつくりたいというご希望でした。

神戸市、芦屋市、西宮市のお庭、雑草のお悩みはお任せください。
ご相談・お見積りは無料です。(※しつこい営業も致しません)


兵庫県 神戸市の方へ 参考事例【御簾垣で目隠し】

リビングの位置が普通のお宅より高い位置にあり、お庭を少し見下ろすような位置になるのですが、ウッドデッキに出ると、お隣のお宅の窓から丸見えの状態でした。そこでツバキを目隠しとして植えてみましたが、「やっぱり視線が気になる・・・」とお困りでした。お隣さんも視線が気になるのは一緒なようで、すだれを設置しているのが分かります。

 

お庭に立つと視線は気になりませんが、お宅が高い位置にあるため、お宅のテラスからは道路を歩く人と目が合ってしまうようなこともしばしば。塀の高さが足りずに視線が気になっていましたので、そちらも改善したいとのことでした。

神戸市、芦屋市、西宮市のお庭、雑草のお悩みはお任せください。
ご相談・お見積りは無料です。(※しつこい営業も致しません)


兵庫県 神戸市の方へ 参考事例【御簾垣で目隠し】

お宅を建替えられたお客様が、リビングの掃き出し部分に、奥行きの狭いウッドデッキを設置したいとお考えでした。その際、インターネットで当店のウッドデッキ施工事例をご覧になり、ご連絡をいただきました。

写真のアコーディオンフェンスがある部分は、通路の下が水路になっているので、恒久的な建造物は建てられないきまりです。

 

建物の基礎の中に空洞があったようで、雨が降るたびに土砂が流れ込んで、穴が開いてしまったそうです。そこで、ご主人様が、これ以上穴が広がらないようにと、レンガを重ねて塞いでおられました。

 

掃き出しの前に市販の縁台を置き、箱を置いただけの危険な状態の縁側でした。足元が悪く、用心しなければ怪我をする可能性もあります。

神戸市、芦屋市、西宮市のお庭、雑草のお悩みはお任せください。
ご相談・お見積りは無料です。(※しつこい営業も致しません)

兵庫県 神戸市の方へ 参考事例【ウッドフェンスで目隠し】

事務所兼ご自宅を新築されたお客様からのご依頼です。お宅を建てる際、外構(エクステリア)も同じ大工さんにお願いしていたそうですが、玄関前の目隠しパネルをはじめ、奥様のご希望と全く異なる方向に進んでしまっていたため、お困りでした。奥様がインターネットで検索し、当店を見つけてくださったそうで、外構のみご依頼いただくことになりました。

 

奥様のご意見やご要望をしっかりとお伺いし、改善点を図面にしました。

~奥様のご希望~
●玄関前が閉鎖的で嫌だ。
●圧迫感があるので開放的にしたい。
●殺風景な外まわりをオシャレにしたい。
●樹木や草花を玄関前にあしらいたい。
●コンクリートむきだしの擁壁をあたたかみのあるイメージに変えたい。
●道路を通る人たちの目線をさえぎる目隠しがイメージと違う。

神戸市、芦屋市、西宮市のお庭、雑草のお悩みはお任せください。
ご相談・お見積りは無料です。(※しつこい営業も致しません)

兵庫県 神戸市の方へ 参考事例【目隠しフェンス 施工事例】


お祖父様からお宅を受け継いだ、若いご夫妻様からのご相談です。お宅のリフォームが終わり、お庭も・・・と、よくよく眺めてみると、お庭に庭石が大量にあり、かなりのスペースを使ってしまっているため、どうにかしたいとお悩みでした。そこで、「庭石を処分」というキーワードでインターネットで調べたところ、当店のホームページの施行例へたどり着かれ、ご依頼いただくことになりました。

最初のお写真は、リビングの南側、そして2枚目のお写真は玄関の門柱の裏のお庭の様子です。芝生だったところに雑草が生えてしまい、植木がうっそうと茂っていて、飛び石(地面に埋めてあるもの)なども含め、庭石が大量にあることが分かります。

こちらは建物の北側の通路と東側の通路の様子です。北側は新築当時(40年近く前)にコンクリートが打たれていましたが、コンクリートが薄く、割れ目から雑草が生えてきてしまっています。また、コンクリート表面に苔も生えていました。

東側通路は、コンクリート部分と、平板がアプローチとして並べてある部分がありますが、土の部分に雑草が生えてくるので、雑草対策をしたいというお話でした。

神戸市、芦屋市、西宮市のお庭、雑草のお悩みはお任せください。
ご相談・お見積りは無料です。(※しつこい営業も致しません)

兵庫県 神戸市の方へ 参考事例【目隠しフェンス 施工事例】

兵庫県 西宮市の方へ 参考事例【目隠しフェンス 施工事例】

兵庫県 芦屋市の方へ 参考事例【目隠しフェンス 施工事例】

兵庫県 西宮市の方へ 参考事例【目隠しフェンス 施工事例】

兵庫県 芦屋市の方へ 参考事例【目隠しフェンス 施工事例】

兵庫県 神戸市の方へ 参考事例【目隠しフェンス 施工事例】

神戸市、芦屋市、西宮市のお庭、雑草のお悩みはお任せください。
ご相談・お見積りは無料です。(※しつこい営業も致しません)


PAGETOP